“おくびょう”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
臆病97.8%
憶病1.4%
臆気0.7%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
こう云う代助は無論臆病である。又臆病でずかしいという気はから起らない。ある場合には臆病をて自任したくなる位である。
それから (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
氏は都会っ子的な上皮の強がりは大分ありますがなかなか憶病でも気弱でもあります。
「そんなはずはあるまい、人を殺さなくても天性度胸のいい者はいい、臆気な奴が、かえって大事をしでかすこともあるものさ」
大菩薩峠:23 他生の巻 (新字新仮名) / 中里介山(著)