“あたか”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
87.0%
安宅6.6%
6.4%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
反之或る場合にはも革命時代の如く組織の如何は比較的閑却せられ、社会の内部における個人のみがに活躍する時代があります。
流れ行く歴史の動力 (新字新仮名) / 津田左右吉(著)
謡曲のでも比較的芝居がかりに出来ている安宅等ですら、処々三四行乃至十四行要領の得悪い文句が挿まっていて
謡曲黒白談 (新字新仮名) / 夢野久作(著)
つは彼れ如何に口重き証人にも其腹のに在るだけを充分吐尽させる秘術を知ればお失望の様子も無く独言を云う如き調子にて
血の文字 (新字新仮名) / 黒岩涙香(著)