安宅あたか)” の例文
「これは」と思って眼をやると、対岸安宅町の方角で、飛び廻っている御用提灯! しかも五つ六つではない、二十三十乱れている。
剣侠受難 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
謡曲のでも比較的芝居がかりに出来ている安宅等ですら、処々三四行乃至十四行要領の得悪い文句が挿まっていて
謡曲黒白談 (新字新仮名) / 夢野久作(著)
その時私はひょっくりミッション・スクール時代のお友達で、今は知名のピアニストになっていられる安宅さんにお会いした。
楡の家 (新字新仮名) / 堀辰雄(著)
「曲者は安宅の弁吉ですよ。やくざ者だが小太刀の名人で、自分の腕に慢じて、武家の髷などを切って見度くなったんですね」
に、ばんどりとてたものあり、よりはふ。一峯が、(こし紀行)に安宅を一つゝ、とにて
寸情風土記 (旧字旧仮名) / 泉鏡花(著)
手取川打越安宅などいたる処の敵を追い、また敵の援護となる部落を焼きたてて、金津の先まで進出したときである。
新書太閤記:05 第五分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
おりつは恐ろしさのあまり逃げ帰ったが、すると佐太郎が掛合にいき、どう話をつけたものか、こんどは本所安宅の、岡場所の一軒へ奉公にやられた。
拝聴ろうじゃないか。今大変なところだよ。いよいよ露見するか、しないか危機一髪と云う安宅へかかってるんだ。——ねえ寒月君それからどうしたい
吾輩は猫である (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
どんなに美味しい与兵衛や安宅の寿司を提供したとてお客は元来蕎麦を食べにきたのだから満足はしない、いわんやそれが私という未熟な駄寿司たるにおいておや。
わが寄席青春録 (新字新仮名) / 正岡容(著)
先生の横っ面をぴしゃりとわせるというようなことは、米友として前例のない手厳しさであるが、米友としては、安宅の弁慶の故智を学んだわけでもあるまいが
大菩薩峠:36 新月の巻 (新字新仮名) / 中里介山(著)
駒形の渡し、富士見の渡し、安宅の渡しの三つは、しだいに一つずつ、いつとなくすたれて、今ではただ一の橋から浜町へ渡る渡しと、御蔵橋から須賀町へ渡る渡しとの二つが
大川の水 (新字新仮名) / 芥川竜之介(著)
けれども友人の舌鋒は、いよいよ鋭く、周囲の情勢は、ついに追放令の一歩手前まで来ていたのである。この時にあたり、私は窮余の一策として、かの安宅故智を思い浮べたのである。
服装に就いて (新字新仮名) / 太宰治(著)
「深川安宅町大口横町すず」というのが一つ。
「こいついよいよ関所だわえ。安宅の関なら富樫だが鼓ヶ洞だから多四郎か。いやみのかねえ事は。……あいあい一人にて候」
八ヶ嶽の魔神 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
「曲者は安宅の辨吉ですよ。やくざ者だが小太刀の名人で、自分の腕に慢じて、武家の髷などを切つて見度くなつたんですね」
安宅の関の古蹟とともに、実盛塚は名所と聞く。……が、私は今それをたずねるのではなかった。
小春の狐 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
渡し賃がるならくれてやらあ、手前たちは渡し賃を貰って人を渡しさえすりゃいいんだろう、通すの通さねえの、安宅の関の弁慶みたいなごたいそうなことを言うない
こんど完成した二の丸御殿の舞台で、こけら落しとかいう、江戸から観世一座が呼ばれ、殿さまも安宅の弁慶をおつとめになる演能に、寄合以上の者が家族といっしょに拝見を許された。
合歓木の蔭 (新字新仮名) / 山本周五郎(著)
俺は最初幾松が臭いと思つたが、高瀬舟や安宅長屋に潜つてゐちや人殺しはできない。万一そんなことが知れちや、お者は一代の恥つかきだ。
の口の安宅をのがれ、倶利伽羅の竜の背を越えて、四十八瀬に日を数えつつ、直江の津のぬしなき舟、朝の嵐にって、佐渡の島にもまらず、白山のの風の激しさに
河伯令嬢 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
安宅の関では弁慶の忠義、やっと関守をたぶらかし、脱け出すことは出来ましたものの、落ち行く先は辺鄙の奥地、ろくなたべ物とてはありますまいし、ろくなお衆とてもありますまいし
あさひの鎧 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
雪嶺先生の勉強時間を、なるべくさまたげないためで、この安宅を首尾よく越えると、応接間である。
胡堂百話 (新字新仮名) / 野村胡堂(著)
北の海なる海鳴の鐘に似て凍る時、音に聞く……安宅の関は、このから海上三里、弁慶がどうしたと? 石川県能美郡片山津の、直侍とは、こんなものかと、客は広袖の襟をでて
鷭狩 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
一人は能の安宅の弁慶、兜巾をいただき、篠懸をかけ、大口を穿き金剛杖をついて、威風堂々たる人物であり、一人はこれも羽衣へ出る、腰簑をつけた瀟洒とした漁夫で、手に櫂を持っており
血煙天明陣 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
安宅の辨吉、小人三次郎などはどうでせう。辨吉は小太刀をよく使ふさうで、仲間では評判の腕きゝですよ。小人三次郎は橋場の家に弟子を取つて、柔術の稽古を
加賀の安宅の方から、きまって、尼さんが二人づれ、毎年のように盂蘭盆の頃になると行脚をして来て、村里を流しながら唄ったので、ふしといい、唄といい、里人は皆涙をそそられた。
雪柳 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
「冬次郎様にも安宅の弁慶の、変装のもとに忍び込んでおられる」
血煙天明陣 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
安宅の弁吉、小人三次郎などはどうでしょう。弁吉は小太刀をよく使うそうで、仲間では評判の腕ききですよ。小人三次郎は橋場の家に弟子を取って、柔術の稽古を
「覚えておれ、鳥居前は安宅の関だ。」
照葉狂言 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
今にも磔柱を背負はせるやうにかして、ようやく白状させましたよ——本所の安宅長屋で丸太(船比丘尼)を相手してゐちや、幾松口がきけないのも無理はありません。
今にも磔柱を背負わせるようにかして、ようやく白状させましたよ——本所の安宅長屋で丸太(船比丘尼)を相手にしていちゃ、幾松口がきけないのも無理はありません。
六七人集めて、安宅の弁吉と小人の三次郎と、俵右門とを見張らせてくれ。昼は要らない。夜だけだ。三人は何処へも出ないのに、髷切りがまだ続くようなら、考え直さなきゃならない
六七人集めて、安宅の辨吉と小人の三次郎と、俵右門とを見張らせてくれ。晝は要らない、夜だけだ。三人は何處へも出ないのに、髷切りがまだ續くやうなら、考へ直さなきやならない
その晩平次と八五郎は安宅に飛んで、船比丘尼のおえのを搜しました。
その晩平次と八五郎は安宅に飛んで、船比丘尼のおえのを捜しました。