“奥村政信”の読み方と例文
読み方割合
おくむらまさのぶ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
釣枝、立木、岩組、波布、浪板の如きしく不自然なる大道具浮世絵における奥村政信鈴木春信らの美人画の背景にひとし。
江戸芸術論 (新字新仮名) / 永井荷風(著)
それのみならず、既に紅絵時代においてさえ奥村政信鳥居清満などによって画かれていることを思えば、いかに特殊の価値をもっているかがわかる。
「いき」の構造 (新字新仮名) / 九鬼周造(著)
享保のころ、べに絵の筆をとって一流を樹てていたのが名工奥村政信
丹下左膳:01 乾雲坤竜の巻 (新字新仮名) / 林不忘(著)