“鳥居清満”の読み方と例文
読み方割合
とりいきよみつ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
歌麿以前既に石川豊信鳥居清満鈴木春信磯田湖龍斎の諸家いづれも入浴しくは海女の図によりて婦女の裸体を描きたり。然れども皆写生に遠し。
江戸芸術論 (新字新仮名) / 永井荷風(著)
それのみならず、既に紅絵時代においてさえ奥村政信鳥居清満などによって画かれていることを思えば、いかに特殊の価値をもっているかがわかる。
「いき」の構造 (新字新仮名) / 九鬼周造(著)
国芳の家の二、三軒さきに、鳥居清満が住んでいた。