“紅絵”の読み方と例文
読み方割合
べにえ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
しかしてこれに配置せられたる群集雑沓の状もまた模様風にして宝暦鳥居清満紅絵の風景を想起せしむるものあり。
江戸芸術論 (新字新仮名) / 永井荷風(著)
それのみならず、既に紅絵時代においてさえ奥村政信鳥居清満などによって画かれていることを思えば、いかに特殊の価値をもっているかがわかる。
「いき」の構造 (新字新仮名) / 九鬼周造(著)
この二色摺は即ち紅絵と称するものにしてその発明当初においては極めて小形の板画のみに応用せられたり。
江戸芸術論 (新字新仮名) / 永井荷風(著)