“粘々”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
ねばねば80.0%
ねば/\13.3%
ねんばり6.7%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
ただ黒いを一具、尻からげで坐った腰巻に引きつけて、竹箆真黒な液体らしいものを練取っているのですが、粘々として見える。
雪柳 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
三日、四日と少しは慣れたものゝ、腹に一物も無くなつては、「考へて見れば目的の無い旅だ!」と言つたやうな、朦乎した悲哀が、粘々した唾と共に湧いた。
赤痢 (旧字旧仮名) / 石川啄木(著)
しばらくつと、重さに半ば枕にんで、がっくりとした我が頭髪が、その……ともつかぬ水分を受けるにや、じとりと濡れて、粘々とするように思われた。
沼夫人 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)