“粘力”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
ねんりょく75.0%
ねんりき25.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
かれはまた、草木の中を歩いて、紫、、さまざまな花をもんで試みたが、どれも日光にあえば色を失うのみか、筆にかかる粘力がない。
鳴門秘帖:03 木曾の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
びながら、手にった黒いをほうりてると、そのはずみに粘力に感じたので、思わず、オヤとふりかえると、そのさきへ
神州天馬侠 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
どうした粘力だろう。あの女は魔か。——出て行けの、厄介者のと、だかくったことばも、深夜になればそれは皆、悪戯ごとのようにあの女の快楽の蜜に変ってしまうのだ。
宮本武蔵:03 水の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)