“粘膜”の読み方と例文
読み方割合
ねんまく100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
まで悠長運動待遠口腔粘膜からは自然のやうな唾液いてるのをへることが出來ないであつた。
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)
自分の身体の上に発見したそうだ。注射もせず、喫いも呑みもせぬのにどうして中毒が起ったか。その答は、たった一つある。く、粘膜という剽軽者
ゴールデン・バット事件 (新字新仮名) / 海野十三(著)
風眼というものは人も知るごとく花柳病黴菌が眼の粘膜す時に生ずるのであるから検校の意は、けだしこの乳母がある手段をもって彼女を失明させたことをするのである。
春琴抄 (新字新仮名) / 谷崎潤一郎(著)