“剽軽者”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
ひょうきんもの90.5%
へうきんもの9.5%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
杉浦のような一本調子の向う見ずの剽軽者が、ぐんぐん突っ込んで行くところが、かえってああした人たちの気に入るのに違いない。
M侯爵と写真師 (新字新仮名) / 菊池寛(著)
「いよう、黒外套の哲学者先生。お久しぶりですな。」剽軽者の一羽の雀は心安立と御機嫌とりとからこんな風に呼びかけました。
艸木虫魚 (新字新仮名) / 薄田泣菫(著)
勘定を済ましてそろ/\出掛けようとすると、向ふの卓子に居た五六人の客のなかから、剽軽者らしい一人の男が呼びかけた。
其れに下宿人の娘の一人も剽軽者で細君に調子を合せて歌ひ、何かと冗談を言合ひ其末ぐ二人共歌の調子に成る。美男の亭主は何時でも「」と言つて莞爾して居る。
巴里より (新字旧仮名) / 与謝野寛与謝野晶子(著)