痴人と死とちじんとしと
為事室。建築はアンピイル式。背景の右と左とに大いなる窓あり。真中に硝子の扉ありてバルコンに出づる口となりおる。バルコンよりは木の階段にて庭に降るるようなりおる。左には広き開き戸あり。右にも同じ戸ありて寝間に通じ、この分は緑の天鵞絨の垂布にて …
作品に特徴的な語句
たん せい おっし うとん うぬ あわ うま おわ まじわ たわ 阿房たわけ かわり うそ くるしみ 打捨うっちゃっ 周囲めぐり ひやや あき かわ さが ひら 燈火あかし しずか いだ おそろ おそれ 周匝まわり つまみ 目覚めさ いつわり しめ はた またたき あつま 際限はて たすけ おこり むな たのしみ とっ くやみ にくみ なげき ばく わが 戸閉とじまり ほとり 扮装みなり 食物しょくもつ におい しん うしろ みん 真黒まくろ したし しっか 電光いなずま かむ あが しに ぶん かぎり なげき せりふ いかり とっ おもい 思出おもいで ゆだ 紛帨ハンカチイフ 如何いかが くい かなしみ のど もだえ 大船おおぶね そよ かたま きか とら えが のち いたずら 御文おふみ 草臥くたびれ うらみ 疫病えやみ 生命せいめい 打明うちあけ 死人しにん だま