“めえ”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:メエ
語句割合
81.4%
10.9%
2.6%
2.2%
0.7%
參詣0.4%
0.4%
0.4%
0.4%
0.4%
0.4%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
ハツ/\うも御親切有難じます、何卒貴方つてさいまし。金「らんでもいからおりな、の見てで。 ...
黄金餅 (新字旧仮名) / 三遊亭円朝(著)
どっさり持ってりましたぞい。おも持って参りましたぞい。ほれ、これが金平……煮染めもありますで……ひらべの煮付け……
仁王門 (新字新仮名) / 橘外男(著)
朝の御講にづるとては、わかい男女夜明まへの街の溝石をからころと踏み鳴らしながら御正忌らんかん…………の淫らな小歌に浮かれて媾曳の樂しさを佛のまへに祈るのである。
思ひ出:抒情小曲集 (旧字旧仮名) / 北原白秋(著)
へ乗って行くんだが、名主なら布団七も重ねる所だが、マア三枚にして置いて、えのと、青えのと、それから萌黄のと、三枚布団で、化粧鞍を掛け、嫁子さんを
わしんなてたんだつけが、つたからけてつてたら、つゝけつちやつて、そんでもつたらしたんでわししてつたら
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)
正忌參詣らんかん
思ひ出:抒情小曲集 (旧字旧仮名) / 北原白秋(著)
御正忌參詣らんかん
思ひ出:抒情小曲集 (旧字旧仮名) / 北原白秋(著)
宜うがすか、おさんの死骸を引取って己のと云うので法事も有ったのだから、おさんの処で女を殺して物を取った訳はねえが、い奴が拾いでもすると
真景累ヶ淵 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
彼様身代のよくなるのも、とは悪い事をして居るだろうぐらいの話をして居る奴もあるから、殺した跡で世間体がいから、死骸でも引取って、とかとか名を付けて
真景累ヶ淵 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
「ほんまだつか。あちらでは三田さんを知つてゐやはりまつせ。あんたとこのの大きい、紺の洋服着て、大跨に歩いて行かはるお客さんでつしやろと、こないいふてはりましてん。」
大阪の宿 (旧字旧仮名) / 水上滝太郎(著)
「あのがこわいのや。あて、あのやうにばたきせん眼を見た事無いわ。」
大阪の宿 (旧字旧仮名) / 水上滝太郎(著)
「現場に血が飛んでねえのはってる奴を斬った証拠。」
だからおも、お墓りに出て来るんなら、命日とかそんな堅苦しいことを守るには及ばん。まず、そのお嬢さんと、結婚してからでええじゃなえかのう。
仁王門 (新字新仮名) / 橘外男(著)
「上ッたか、下ッたか、何だか、ちッとも、知らないけれども、平右衛門台辞じゃアないが、酒でもちッとらずば……。ほほ、ほほ、ほほほほほほほ」
今戸心中 (新字新仮名) / 広津柳浪(著)