“すゝ”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
24.0%
21.7%
17.1%
9.5%
5.3%
4.9%
3.8%
2.7%
2.3%
1.9%
0.8%
0.8%
慫慂0.8%
0.8%
0.4%
促進0.4%
0.4%
0.4%
0.4%
0.4%
0.4%
0.4%
0.4%
0.4%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
此方焚火どころでい。らしてむのに、いや、土龍のやうだの、井戸掘手間だの、種々批評からせられる。
親仁くと、婦人一寸つてさきをちよろちよろと真黒けたつて、かぬほどに小隠れた。
高野聖 (新字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
そのといつたら美しい女のり泣きをするやうな調子で、聴衆は誰一人今日までこんな美しい音楽を耳にした事はないらしかつた。
と申しても、まさか借物の編笠をおめするわけに行かないから、佐々見氏が用意のため持參した御編笠をお着せしようとする、と
一寸へ」とつて、燐寸瓦斯煖爐いた。瓦斯煖爐比例したさいものであつた。坂井はしかる蒲團めた。
(旧字旧仮名) / 夏目漱石(著)
高池町の林業試験場が、気がむかなければ、同じ、和歌山の伊都郡九度山町の、高野営林署にも、君の行くポストはあると、その友人はめてくれた。
浮雲 (新字旧仮名) / 林芙美子(著)
勘次よくおつぎにじた。おつぎは醤油樽から白漬片口しておつたのめた。勘次は一つんでかり/\とつた。
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)
あり、り、あり、し、まず、——まず。——孤影けて濛々たるに、れば一簇霏々としてなるあり。うてざまにる。れぬ。
花間文字 (旧字旧仮名) / 泉鏡花(著)
ちなどは無いことゝ存じますが、只今申上げました通り潔白な気性でございますゆえ、から恥辱でも受けました節は、その恥辱をぐまでは
名人長二 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
明し申必ず御世話は御無用と云にぞ老女は然ばとてに水を汲て友次郎に足をがせ圍爐裏に柴を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
さて長二はお母が貧乏の中でぎ洗濯や針仕事をして養育するのを見かね、少しにても早くお母の手助けになろうと、十歳の時自分からお母に頼んで清兵衛親方の弟子になったのですから
名人長二 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
「あゝ自分の妻だ!」胸の動悸は急に高まつて來た。如何樣したのだ、一所に下りて行かう、とめると、視線を落したまゝ動かない。小兒等は俄かに泣き出した。
(旧字旧仮名) / 吉江喬松吉江孤雁(著)
働き顔に上人の高徳をべ説き聞かし富豪を慫慂めて喜捨せしむる信徒もあり、さなきだに平素より随喜渇仰の思ひを運べるもの雲霞の如きに此勢をもつてしたれば
五重塔 (新字旧仮名) / 幸田露伴(著)
成程気がついてみると、道命は前の夜和泉式部とい事をした口を、そのがないでお経を誦んでゐたのだつた。
ジョンが今私にめて呉れる仕事は本當に、人間のなし得る、云ひ換へれば神の命じ給ふ最も光榮ある仕事ではないだらうか。
僕のやうに考へるのです、ジエィン——僕の通りに信じるのです。僕がめてあなたをりかゝらせようとするのは、世の岩なる基督ですよ。
ねてい、と眞先促進めたもなれば、智慧したもしたも舵取ではないけれども、此樣ようためなら、千荒海の、其先へでも冐險しよう。
まだてがかられぬ皆悉いでつてねばならぬのである。
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)
藥種屋 みませねど、貧苦めがお言葉ひまする。
彼女に取っては初孫であったお俊を、どんなに心から愛して居たか分らなかった——絶え間もないり泣の声が、は死にかけて居るおかんの胸をも、物悲しく掻き擾さずには居なかった。
極楽 (新字新仮名) / 菊池寛(著)
そんなことを言つて、お粂はめ上手でした。
銭形平次捕物控:311 鬼女 (旧字旧仮名) / 野村胡堂(著)
盡し神佛へも祈りしかど其てなく後には半身叶はず腰も立ねば三度のさへ人手をるほどなれどもお菊は少しも怠らず晝は終日賃仕事或ひは洗濯
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
庄馬鹿は洗足の湯を汲んで持つて来る。疲れて、がつかりして、蔵裏に腰掛け乍ら、雪の草鞋いた後、温暖の中へ足を浸した時の其丑松の心地は奈何であつたらう。
破戒 (新字旧仮名) / 島崎藤村(著)
されたりらしき氣象の先生なれば近郷近在にては生神先生々々と人々がなり夫に又我等の處は格別御贔屓にて女房は仕事を能する故後家で居た時分には後藤先生の洗濯から衣類を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
旦那さまのぎ洗濯まで丹誠して、御介抱申し上げて居りましたゆえ、丈助や、手前のお蔭で己は助かる、再び屋敷へ帰参することも有れば、屹度侍に取立って遣ると仰しゃって入らっしゃる事は