すゝ)” の例文
此のとで、新しい東京は年毎けて行く。そして人もる。つい眼前にも湯屋煤突がノロ/\と黄色い煙を噴出してゐた。
平民の娘 (旧字旧仮名) / 三島霜川(著)
親仁くと、婦人一寸つてさきをちよろちよろと真黒けたつて、かぬほどに小隠れた。
高野聖 (新字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
大和のある山寺賓頭廬樣いてある眞黒けたのを、もったいらしくれてのもとにさししました。
竹取物語 (旧字旧仮名) / 和田万吉(著)
狭い急な板梯子を上ると、けた天井裏の一部が見え、道路に面して低い窓があり、長持や器具類が壁際に押し並べ、積み上げてあつた。
鳥羽家の子供 (新字旧仮名) / 田畑修一郎(著)
かさに滿たされた空氣くするやうに、はひら/\とまずきながらのやうな花粉らしてる。
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)
屋根裏からの落ちさうな内井戸で、轆轤の水を汲み上げてゐたら顏の眼の大きい下女のお梅は、背後を振り向いて笑つた。
兵隊の宿 (旧字旧仮名) / 上司小剣(著)
る裏町にある小橋の四方を雑多な形の旧いばんだ家が囲んで、橋の欄干の上に十人腰を掛けて長い釣竿を差出した光景が面白かつた。
巴里より (新字旧仮名) / 与謝野寛与謝野晶子(著)
午後の光は急に射入つて、暗い南窓の小障子も明るく、幾年張替へずにあるかと思はれる程の紙の色は赤黒くけて見える。
破戒 (新字旧仮名) / 島崎藤村(著)
なんとゆつても、まるで屍骸のやうに、ひツくりかへつてはもう正體もありません。もまひだすやうなです。
ちるちる・みちる (旧字旧仮名) / 山村暮鳥(著)
眞黒にけた板戸一枚の彼方から、安々と眠つた母の寢息を聞いては、此母、此家を捨てゝ、何として東京などへ行かれようと、すぐ涙が流れる。
天鵞絨 (旧字旧仮名) / 石川啄木(著)
汗と埃りと、と泥と、その上血と涙とに汚れた安右衞門の顏は、まことに、日頃の寛濶な旦那振りなどは、藥にしたくも殘つては居なかつたのです。
火葬場の煙突のを煎じて飲めば治る、大分昔だが隣村の何とかいふ家の娘が四五年も肺病で寝て居て、もう死にかゝつた時分にその煤を飲んだら治つて
厄年 (新字旧仮名) / 加能作次郎(著)
電車線路を横ぎつて、三尺の路地を二三度折れると、二階とも三階ともつかぬ、屋根のんだ家の前へ來た。それは古い貝殼のやうにガラ/\になつてけてゐた。
天国の記録 (旧字旧仮名) / 下村千秋(著)
黒くけた天井を洗つたり、破れた壁をざつと紙でつてつたり、囲炉裏の縁を削つたり、畳を取り替へたりして、世話人達は新しい住職のやつて来るのを待つた。
ある僧の奇蹟 (新字旧仮名) / 田山花袋(著)
ほツほツと片頬に寄する伯母の清らけき笑の波に、篠田は幽玄の気、胸にれつ、振り返つて一室げたる仏壇を見遣れば、金箔げたる黒き位牌の林の如き前に
火の柱 (新字旧仮名) / 木下尚江(著)
セント・ジョンは——壁に掛つてゐるけた繪姿のやうに坐つたまゝ、讀んでゐる本に眼を据ゑ、唖のやうに唇をつぐんでゐたので——觀察するのには雜作もなかつた。
そこにはけた聖者の像の前にしてある、小さい常燈明が、さも意味ありげにをしてゐる。
駆落 (新字旧仮名) / ライネル・マリア・リルケ(著)
何処からともなく煤烟が飛んで来て、何処といふ事なしに製造場の機械の音がえる。
すみだ川 (新字旧仮名) / 永井荷風(著)
うらが内のものは今年は井戸蛙のやうにさつかゞんでへは一なんだといひつゝくみしたるをみれば、だしたるやうなれば、別に白湯をもとめてしをはり
富岡は、けた天井を眺めながら、地図のやうな汚点をみつけて、ふつと、ユヱの街を思ひ出してゐた。駅から街の中心へ向ふ街路に、の若芽がきたつやうな金色だつた。
浮雲 (新字旧仮名) / 林芙美子(著)
羽毛健康病體めた! あゝ、りのまゝとはじでない! 其樣ないじながら、をばぜぬなさ!……ふンぢゃ?
かういう神様の傑作も、の前へ置きつ放しにしておくと、何時となくばんで来る。
「よくもかう珍なものを集めたものだ」とつい人がをかしくなるほどぼけた珍品古什の類を処狭く散らかした六畳の室の中を孫四郎は易者然たる鼈甲の眼鏡をかけて積んである絵本を跨ぎ
竹の打ち付け窓にだらけの障子を建て、脇にの板に人相墨色白翁堂勇齋と記して有りますが、家の前などは掃除などした事はないと見え、だらけゆえ、孝助は足を爪立てながら
既にして人々はカミン炉の上に多量のあるを見て、試に炉中を検せしに、人の想像にも及ばざる程の残酷なる事実を発見せり。女主人の娘の屍体さまに炉の煙突に押し込みありしことこれなり。
今、を塗った紙を円筒に巻きつけて、それを規則的に廻転せしめ、運動する物体から突出した細い挺子の先をその紙に触れしめると、その物体の運動するに従って、特殊な曲線が白くあらわれる。
恋愛曲線 (新字新仮名) / 小酒井不木(著)
母が雨戸を二三枚引いたので、そこには昼乍らうすら寒い幽暗があつた。暗い襖、びた柱、んだ壁、それらの境界もはつきりしない処に、何だかぼんやりした大きな者が、眼を瞑つて待つてゐる。
父の死 (新字旧仮名) / 久米正雄(著)
かかるとき、偶偶けたる赤黒き空氣の幕が
牧羊神 (旧字旧仮名) / 上田敏(著)
梅雨照りやいと古き駅の汽車
随筆 新平家 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
と煙をきながら
晶子詩篇全集 (新字旧仮名) / 与謝野晶子(著)
けたる帆木綿
霜夜 (新字旧仮名) / 末吉安持(著)
ば手に入んこと外になし此婚姻げせば自然此方かん然なりと思案せしが此方策ては惡き事に掛てはき者は兄の元益是に相談なして見ばやと先元益が方へ至るに博奕たるか寢卷一枚奧の間にぶりゐたるが夫と見てかと思へば弟の庄兵衞何と思つて出て來たか知ねど兄に無禮
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
天井は思切ツてけてゐて、而も低い。は、古い粘土色の紙を張りつめてあツたが、處々れて壁土出て、鼠の穴も出來ている。
平民の娘 (旧字旧仮名) / 三島霜川(著)
かして、障子らしくいが、いから、れてけたのを貼替へたので、新規出來ではない。
三尺角 (旧字旧仮名) / 泉鏡花(著)
やがて、赤い灯の唯一つ薄暗くけて点いてゐる小舟は、音もなく黒い水の上を滑つて、映る両岸の灯の影を乱しつゝ、の中に漕ぎ去つた。
鱧の皮 (新字旧仮名) / 上司小剣(著)
では綿がすつかりれなくなつたので、まるめけた保存されてるのも絲屑切端れてあるぎないのである。
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)
正面に両手と両足を縛られた男の大きな塑像がと塵とに汚れてに痩せこけた顔を垂れら天井からぶらる。
巴里より (新字旧仮名) / 与謝野寛与謝野晶子(著)
お妻の父親もわざわざやつて来て、炉辺での昔語。けた古壁に懸かる例の『山猫』を見るにつけても、くなつた老牧夫のは尽きなかつた。
破戒 (新字旧仮名) / 島崎藤村(著)
安五郎とお竹が逢引してゐる僅かの隙にお咲の部屋に忍び込んで、あんなたらしいことをし、それから喜三郎の寢卷を土埃で汚して置いたんだらう。
そして、その明りは突きあたりの風呂場のけた壁にうすぼんやりと反映し、その横手の納屋の軒先を浮かばせ、他はたゞ暗い外気の中にぼやけ遠のいてゐた。
医師高間房一氏 (新字旧仮名) / 田畑修一郎(著)
はもうすつかり、顏から落ちてゐますか。」と顏を彼女の方に向けながら彼はねた。
かれは其処を出て、この庫裡——囲炉裏のあるこの庫裡に来た。今と少しも変らないこの庫裡に……。現に、その板戸がある。竹と松の絵が黒くけた板戸が依然としてある。
ある僧の奇蹟 (新字旧仮名) / 田山花袋(著)
人肌のみた、白濁した湯かげんも、気持ちがよく、風呂のなかの、薄暗いけた窓にあたる、しやぶしやぶしたみぞれまじりの雨も、ゆき子の孤独な心のなかに、無量な気持ちを誘つた。
浮雲 (新字旧仮名) / 林芙美子(著)
娘ははやく見たく物をしかけたるをもうちおきてひらき見れば、いかにしてかほどなるいろのあるをみて、さまいかにせんかなしやとてにあてゝ哭倒れけるが、これより発狂となり
○「釜の下へ手を突込んで釜のを塗ろう、ナニ知れやアしねえ」
真景累ヶ淵 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
びた壁にされた
晶子詩篇全集 (新字旧仮名) / 与謝野晶子(著)
どの寺も外観の荒廃し掛けて黒くびて居るのを仰いで過ぎる方が通りすがりの旅客の心にが深い様に思はれた。
巴里より (新字旧仮名) / 与謝野寛与謝野晶子(著)
暗いけた部屋の天井の下に、私は眠りいやうな心地で一夜を送つて、長いこと床の上に洋燈の火を見つめたが、今朝に成つて眼が覚めて見ると
突貫 (新字旧仮名) / 島崎藤村(著)
與吉はそれがくなればさなけた籰棚した。其處には砂糖さなせてあるのであつた。
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)
天井れて、眞黒には、ちら/\とがからんで、ぱち/\とく、める、と一目た。
火の用心の事 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)