“煤拂”のいろいろな読み方と例文
新字:煤払
読み方(ふりがな)割合
すゝはらひ50.0%
すゝはき25.0%
すゝはら25.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“煤拂”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 日記 書簡 紀行0.4%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
文学 > 日本文学 > 評論 エッセイ 随筆0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
眞黒まつくろだつてやぶれてたつて、煤拂すゝはらひ大掃除おほさうぢにはかまふものか、これもみぐるしからぬもの、塵塚ちりづかちりである。
麻を刈る (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
斯の人の知らない倉庫を暮の煤拂すゝはらひには開けなければ成りませんでした。
土間どまはしめつて、鍛冶屋かぢや驟雨ゆふだち豆府屋とうふや煤拂すゝはきをするやうな、せはしくくらく、わびしいのもすくなくない。
飯坂ゆき (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
此方こちら宿やど煤拂すゝはきで……
飯坂ゆき (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
「なア、御主人。錢形とか平次とか言つて、當今大した評判だが、見ると聞くとは大きな違ひ、半日煤拂すゝはらひほどの騷ぎをして、一枚の小判も見附けられないとは何んとしたことだ。あれでは日當の拂ひやうが無いでは御座らぬか。まことに笑止千萬で」