“煤竹”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
すすだけ62.5%
すすたけ18.8%
すゝたけ12.5%
すゝだけ6.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
するとち出遇つたのは兄の英吉でございます。兄は煤竹のついた置きランプを一台さげた儘、急ぎ足に其処を歩いて居りました。
(新字旧仮名) / 芥川竜之介(著)
弁信が鈴慕の一曲を聞き終って、ホッと息をついた時に、天井の煤竹簀子から、自在竹を伝ってスルスルと下りて来たピグミーがありました。
大菩薩峠:27 鈴慕の巻 (新字新仮名) / 中里介山(著)
掛け宰領二人づつより麻上下にて股立たるひ一人是は御長持りの役なりいて金御紋先箱二ツ黒羽織徒士八人煤竹羅紗に白くの御紋を切貫打物
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
煤竹けた洋燈兩側に、いてつてゐた。途切れたはひそりとして、柱時計振子音丈えるではなかつた。
(旧字旧仮名) / 夏目漱石(著)