“煤竹売”の読み方と例文
読み方割合
すゝだけうり100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
講談師の話によると、其角が煤竹売の大高源吾に出会つたのも矢張り両国橋の上だつたといふ事だから、其角といふ男は、さへあれば両国橋の上をうろ/\してゐたものと見える。