父の死ちちのし
私の父は私が八歳の春に死んだ。しかも自殺して死んだ。 二 その年の春は、いつもの信州に似げない暖かい早春であつた。私共の住んでゐた上田の町裾を洗つてゐる千曲川の河原には、小石の間から河原蓬がする/\と芽を出し初めて、町の空を穏かな曲線で画つ …
作品に特徴的な語句
ひと あひ くぎ 室中へやぢう うち しも 佇立ちよりつ くわう しほ くす 干乾ひか 微睡びすゐ なほ 家並やな 幽暗いうあん 町家ちやうか うづ 膝下しつか 上田うへだ はか 吉光よしみつ 喞筒ぽんぷ 噪音さうおん かたま 威望ゐぼう 平素いつも 恰度ちやうど はゞか 手水てうづ おそ 洋燈らんぷ 点頭うなづ すゝ たゞ 究極いやはて 街樹がいじゆ 読経どきやう 謀計ぼうけい 遠近をちこち かん しきゐ わか 鳥渡ちよつと もた 一日あるひ うち 中毒あた なが かわ しま また 人数にんず しか 健気けなげ その かく 呆唖ぼか 咽喉のど 四辺あたり 報知しらせ まみ 声音こわね 嬉戯きぎ へや うち 寺庭じてい 小用こよう 幾日いくにち かた 悼詞たうじ 懸山かけやま 戸外そと 打克うちか 打沈うちしづ 昨夕ゆうべ つか 気鬱きうつ 浅間あさま みなぎ 火団くわだん 爪尖つまさき 父子おやこ 疼痛とうつう 稿本かうほん