“籰棚”の読み方と例文
読み方割合
わくだな100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「そんぢや砂糖でもめろ」とおつぎは與吉籰棚をとつた。寡言卯平一寸見向いたきりでつたかともいはない。
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)
與吉はそれがくなればさなけた籰棚した。其處には砂糖さなせてあるのであつた。
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)
蒲團巾着れた。さうして籰棚からまるめ箱をして三つのれた。以前土地でも綿れたので、なべには竹籰いた。
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)