“寢卷”の読み方と例文
新字:寝巻
読み方割合
ねまき100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
彼女毎晩ぐつしよりと、寢汗をかいてをさました。寢卷のやうににへばりついてゐた。
彼女こゝに眠る (旧字旧仮名) / 若杉鳥子(著)
寢卷浴衣を着たまゝ、人を迎へたか送つたか、兎も角、縁側に立つてうつかり月か何か眺めたところを、沓脱に居る曲者が、下から脇差で、一と思ひに左乳の下を突き上げたものです。
ば手に入んこと外になし此婚姻げせば自然此方かん然なりと思案せしが此方策ては惡き事に掛てはき者は兄の元益是に相談なして見ばやと先元益が方へ至るに博奕たるか寢卷一枚奧の間にぶりゐたるが夫と見てかと思へば弟の庄兵衞何と思つて出て來たか知ねど兄に無禮
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)