“先生々々”の読み方と例文
読み方割合
せんせい/\100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
まだ可笑しいがある、ずツとで……番町くと、かへりがけに、錢湯亭主が「先生々々ごろだから一人なかつた。
春着 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
諸侯方まで御出になり、わづかのうちに新梅屋敷の名、江都中に知られ、のみならず先生々々こがしに、七草考都鳥考のと人に作らせて、我名にて出版せしゆゑ
隅田の春 (新字旧仮名) / 饗庭篁村(著)
されたりらしき氣象の先生なれば近郷近在にては生神先生々々と人々がなり夫に又我等の處は格別御贔屓にて女房は仕事を能する故後家で居た時分には後藤先生の洗濯から衣類を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)