“まい”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:マイ
語句割合
31.4%
23.2%
11.9%
6.9%
6.3%
3.7%
3.4%
2.1%
2.1%
1.8%
参詣0.5%
0.5%
0.5%
0.5%
麻衣0.5%
0.3%
参上0.3%
0.3%
0.3%
寄進0.3%
往生0.3%
0.3%
撒布0.3%
0.3%
0.3%
0.3%
眞家0.3%
0.3%
舞踊0.3%
0.3%
0.3%
降参0.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
車が迎えに来て、夫妻はを告げた。鼈四郎はこれからどちらへとくと、夫妻は壬生寺へおりして、壬生狂言の見物にと答えた。
食魔 (新字新仮名) / 岡本かの子(著)
「ねえ、おかよや、おまえ、この子守唄をきいたことがあって?」といって、から一のレコードをいて、にかけながら
谷にうたう女 (新字新仮名) / 小川未明(著)
はだんだんそんなずるようになったのでございます。れ、あなたにも、そのがやがておりになるります……。
天神の山には祭ありて獅子踊あり。ここにのみは軽くたちき物いささかひらめきて一村の緑に映じたり。獅子踊というは鹿なり。
遠野物語 (新字新仮名) / 柳田国男(著)
一月や二月、そぎやんこつしてみたとこツで、りやんもなりやせんぢやなツか。そりよりや、お、はよう戻つてやつた方がよかばい。
牛山ホテル(五場) (新字旧仮名) / 岸田国士(著)
この間は御文下され、観音様の御せん三日のうち精進にていただき候ようとの御事、御深切の御こころざし感じ入り申し候。
吉田松陰 (新字新仮名) / 徳富蘇峰(著)
浮浪や、ならず者や、さむらいくずれが、したい三を演じるには、時こそ、あつらえ向きなれ、と云ってよい。
新編忠臣蔵 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
其後便船通知りましたので、でおろし、日本其儘つたのです。
我邦軍人がたの御気象には欧洲各国でも舌をておるそうで、これは我が将官の方に箱根でお目通りをいたしたとき直接に伺ったところでございます。
貞子のはいと不興げにそのまま帰らせたまいける。綾子は再び出でらず、膳をらせんと入行きたる下婢のお松を戒めて、固く人の出入を禁じぬ。
貧民倶楽部 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
あれは、えらい僧正だって、旦那の勧める説教を聞きはじめてから、方々へ参詣ったり、を聞いたりするんだがね。
化銀杏 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
アアしくじったり誤りたり取餅桶りたり今日はもはや曩日富井にあらずは一死以てに謝せずんばあらず今日の悲境は筆紙のく尽す処にあらずただただ二階の一隅にしこめられて日々なす事もなく恋しき東の空を
妾の半生涯 (新字新仮名) / 福田英子(著)
「あんなのにかぎって、ころっとるものだ。」
釘抜藤吉捕物覚書:11 影人形 (新字新仮名) / 林不忘(著)
そんな弱虫をいつてはいかん おさんは日天文台でもつと遠くを見てゐるんだ
第一、かりそめにも、師の治郎右衛門忠明が、小次郎に対してったとさけんだのが、心外であった。
宮本武蔵:07 二天の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
「しかも、ああして、真剣と真剣とで、立ち向ってみた結果は、この治郎右衛門自身の中にも明らかに、恥ずべき非が見出された。わしはその非に対して慎んでったといった」
宮本武蔵:07 二天の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
五重塔の仕事を私にさせていただきたい、それで参上りました、川越の源太様が積りをしたとは五六日前聞きました、それから私は寝ませぬわ、お上人様
五重塔 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
十兵衛くもと常々悪口受くる銅鈴眼にはや涙を浮めて、はい、はい、はいありがとうござりまする、思い詰めて参上りました、その五重の塔を、こういう野郎でござります、御覧の通り
五重塔 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
場所たくつたのである、後背からは雜木ねてひかゝり、れてる。足場はわざ/\つたはれる具合い。
都の友へ、B生より (旧字旧仮名) / 国木田独歩(著)
誰何せる門衛に、我は小坪の某なり、約束の時計を得たれば、あえて主公にらせんと来意を告げ、応接室にるに際して、執事は大助を見て三郎に向い
金時計 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
「ウム、家督は舎弟国行に譲ると決めた。で——この柳島の造営は、わしが武家の生涯をすてて、僧門に入る手はじめの御奉公として、上人へ寄進らせたのじゃ」
親鸞 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
「有ますとも。足の傷はあれでなかなか馬鹿にならん。現在、私のがそれだ——が悪かったと見えて、直に往生って了った。人間の命はいものさ……見給え、この虫の通りだ」
藁草履 (新字新仮名) / 島崎藤村(著)
身も世もないほどゾッコンっているんです。
丹下左膳:02 こけ猿の巻 (新字新仮名) / 林不忘(著)
彼女は路傍の砂利積に撒布た石灰の上に黒い洋傘を投げ出して、両袂を顔に当てながら泣きジャクリ始めた。
少女地獄 (新字新仮名) / 夢野久作(著)
「広海屋は、どうしたことか、まだ見えぬ。もうおッつけまいられるであろう。それまで、この家自慢の薄茶でもって、おくつろぎなさるがよい」
雪之丞変化 (新字新仮名) / 三上於菟吉(著)
く者は夢路を辿る心地して困じて果はうち泣くめり云々
墨汁一滴 (新字旧仮名) / 正岡子規(著)
母岩から分解されて、湯に晒らされた白雲母の細片が、このはかないし身に、荒唐にして典麗な、原始的の装飾を施してくれたのだった。太古草の気息が四辺に充満する。
ある偃松の独白 (新字新仮名) / 中村清太郎(著)
八月十八日、上野の人千種太郎、鬼澤幸介、眞家の眞家源左衛門に先づ殺された。
天狗塚 (旧字旧仮名) / 横瀬夜雨(著)
頭痛へて思案れるもあり、あゝ今日の十六日だ、お焔魔樣へのおりにつて子供達奇麗着物きて小遣ひもらつてしさうなしてゆくは
にごりえ (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
舞踊で固めた身の軽さ。ヒラリと門外へ走り出たが身の軽さに足も軽く、闇を一文字に縫いながら山の方へと走って行く。
蔦葛木曽棧 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
し国会論の種は維新の時からてあって、明治の初年にも民選議院云々の説もあり、その後とても毎度同様の主義を唱えた人も多い。
福翁自伝:02 福翁自伝 (新字新仮名) / 福沢諭吉(著)
前触のあった百万遍を持込みましたろうではありませんか、座中の紳士貴婦人方、都育ちのお方にはお覚えはないのでありまするが、三太やあい、の迷イ児の三太やあいと
湯女の魂 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
狂太郎も、すこし降参った表情で、がりがり大たぶさのあたまを掻いて、白いふけを一めんに飛ばしながら
口笛を吹く武士 (新字新仮名) / 林不忘(著)