“壬生寺”の読み方と例文
読み方割合
みぶでら100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
車が迎えに来て、夫妻はを告げた。鼈四郎はこれからどちらへとくと、夫妻は壬生寺へおりして、壬生狂言の見物にと答えた。
食魔 (新字新仮名) / 岡本かの子(著)
暇があれば、壬生寺の本堂に籠ったり、深夜、物騒な町を歩いてみるくらいのことで、いままでは至って無事でした。
しばられ地蔵というのにはいろいろあって、京都の壬生寺の縄目地蔵などは、一つは身代り地蔵でありました。
日本の伝説 (新字新仮名) / 柳田国男(著)