“三枚襲”の読み方と例文
読み方割合
さんまいがさね100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
三枚襲の時は衣地にても三枚皆整ふべきを用ふ。たゞの下着は、八丈糸織更紗縮緬お召等、人々の好みに因る、裏は本緋新緋等なり。
当世女装一斑 (新字旧仮名) / 泉鏡花(著)
彼は昼眩き新調の三枚襲を着飾りてその最もと為る里昂製の白の透織絹領巻右手引摳ひ、左に宮の酌を受けながら
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
大抵は叔母がこの三、四年に丹精して拵えたものばかりで、ついこの春に裾廻しを取り替えてから、まだ手を通したことのない、淡色の模様の三枚襲などもあった。
足迹 (新字新仮名) / 徳田秋声(著)