“四枚”の読み方と例文
読み方割合
よまい100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
月の冴ゆる夜は、峰に向った二階の四枚の障子に、それか、あらぬか、松影射しぬ……戸袋かけて床の間へ。……
霰ふる (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
ゆるは、つた二階四枚障子に、それか、あらぬか、松影しぬ……戸袋かけてへ。……
霰ふる (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
自棄突立つて、胴體ドタンと投出すばかり、四枚兩方ずりけた、かけへ、ねるやうに突掛つて
浅茅生 (旧字旧仮名) / 泉鏡花(著)