戦場せんじょう
はしがき この一文は目下、埃及のカイロ市で外科病院を開業している芬蘭生まれの独逸医学博士、仏蘭西文学博士オルクス・クラデル氏が筆者に送ってくれた論文?「戦争の裡面」中の、戦場描写の部分である。原文は同氏の手記に係る独逸語であるが、今まで世界 …
作品に特徴的な語句
づつみ キロ 憧憬あくが した かが 退却しりぞ ざき 我儕われわれ 怪奇みにく 焦燥いらだ すこ ごく 苛責さい 年老としお 火傷かしょう 生温なまあたたか かえりみ すこ 革鞭むち 判然わか しっか 呪咀のろ しゃが のろ 怪訝おか ゼルウー おび 飇風ひょうふう 仔細わけ 生血いきち なき 佯狂にせきちがい 眼瞼がんけん やとい きずつ ひま 陥穽おとしあな 暗黒くらやみ から 斑紋まだら しな 拉甸らてん 策謀さしがね かつ 赤面あかづら 基米キロメートル しま 継母はは ひもど おそれ 惨酷むご 苦酸にがず 芬蘭ポーランド ひさし 自傷ゼルプスト・ウンデー わず 肋骨あばら 獰猛どうもう 棘々とげとげ 珈琲コーヒー 現在いま 瓦斯ガス にら 睫毛まつげ まぶた 硝子ガラス 神々こうごう 空隙くうげき 穿 やつ 立佇たちど メートル 米突メートル かす 粟立あわだ 繃帯ほうたい 羅典ラテン 聖名みな しき さえぎ とざ 長吼ちょうく くま あら 青褪あおざ 非道ひど すこぶ 頭低うなだ 頸低うなだ ひげ