“佯狂”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
ようきょう80.0%
にせきちがい20.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
それについてはこゝで佯狂となり大福餠々々と連呼して一先ず辛い責苦から逃れ、妻子に完全に財産が移るまで審理を延ばしていよう。
支倉事件 (新字新仮名) / 甲賀三郎(著)
長沮桀溺の二人にもった。楚の接与という佯狂の男にも遇ったことがある。しかしこうして彼等の生活の中に入り一夜を共に過したことは、まだ無かった。
弟子 (新字新仮名) / 中島敦(著)
常識で考えてもわかる事だ……仮病、詐病、佯狂、そのほか何でも兵隊が自分自身で作り出した肉体の故障ならば、一目でわかるように看護卒の端々までも仕込まれているのだぞ……俺達は……
戦場 (新字新仮名) / 夢野久作(著)