“それがし”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
89.8%
2.8%
拙者1.9%
小子0.9%
吾儕0.9%
小生0.9%
某人0.9%
0.9%
貧道0.9%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「貴所ととが、期せずしてターヘルアナトミアを所持いたしおるなど、これはオランダ医術が開くべき吉瑞とも申すべきでござる」
蘭学事始 (新字新仮名) / 菊池寛(著)
客は女性でござるに因って、一応拙者から申入れる。ためにこれへ罷出た。
草迷宮 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
横笛が事、御容しなきこと小子に取りては此上もなき善知識。今日を限りに世を厭ひて誠の道に入り、墨染のに一生を送りたき小子が決心。
滝口入道 (旧字旧仮名) / 高山樗牛(著)
『否、小子こと色に迷はず、にも醉はず、て戀でもなく浮氣でもなし、只〻少しく心に誓ひし仔細の候へば』。
滝口入道 (旧字旧仮名) / 高山樗牛(著)
て下されかし吾儕は有馬家にて祿五百石を頂戴なし小姓頭をたる大藤武左衞門と云者なるが夫婦に子と言は是なるおたゞ一人るに妻は七年前
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
たッた一をでも宣言せられたならば、小生滿足いたす。嗚呼」とだけばっしゃい、たッた一言とか、とか宣言せられい。
姉と妹をそれぞれ手軽く言いす語がないのでアフリカ行の宣教師が聖書を講ずる際、某人某人のブラザーだと説くと
年経て赤銅の破目愈え合うという事、冶工に聞けりと。
同院の僧居暁は博物なり、曰く蛇の眼はかぬにこのの眼は動くから竜だろうと、止香をいて蟒に向い、貧道青竜疏を念ずるに、道楽でなく全く母にい物を食わせたい故だ