“某人”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
あるひと50.0%
さるひと25.0%
それがし25.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
某人が「安芸厳島弁財天へ、火のものを絶って祈願をめると、必ず覚えがよくなる」と云って教えた。尊は十二三であった。
神仙河野久 (新字新仮名) / 田中貢太郎(著)
太郎は驚いて聞くと、某人からもらったものだと云った。父親も聞きつけてそこへ来、母親も来て詮議すると、直接それを云うは恥かしいと云うので、太郎の妻がそれを聞くことになった。
蛇性の婬 :雷峰怪蹟 (新字新仮名) / 田中貢太郎(著)
姉と妹をそれぞれ手軽く言いす語がないのでアフリカ行の宣教師が聖書を講ずる際、某人某人のブラザーだと説くと