“てまえ”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
手前46.9%
18.4%
14.3%
点前8.2%
此方4.1%
拙者2.0%
自分2.0%
前面2.0%
2.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
丁度あの木村さんの前ンなんで。手前は初めは何だと思いました。棒を背後してましたから、遠くで見たんじゃ、ほら、分りませんや。
平凡 (新字新仮名) / 二葉亭四迷(著)
奥方様の誰方もおいでがないと、目を丸くして申しますので、何を寝惚けおるぞ、が薄眠い顔をしておるで、お遊びなされたであろ、なぞと叱言を申しましたが、女いいまするには、なかなか
伊勢之巻 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
お前の処の娘をで欲しがる番頭とか旦那とか有るから世話を致そうと申しますが、取合いませんでした、すると昨年の暮廿九日に又方へ参りまして、三十金並べまして
政談月の鏡 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
「御亭主には、いつのまにやら、お点前行作も、お見事になられましたな。きょうは、と拝見して余りのお変りように、思わず見恍れました」
新書太閤記:06 第六分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
大袈裟なのを笑いもしない女房は、その路連、半町此方ぐらいには同感であったらしい
薄紅梅 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
武士「何うだえ拙者宅へ是を御縁としてな、拙者柳田典藏と申す武骨者だが、何うやらうやら村方の子供を相手にして暮して居ります」
敵討札所の霊験 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
拙者も当地へ来て何うやら斯うやらうやって、を持って、か田畑を持つ様になって村方でも何うかり着いて呉れと云うのだが、永住致すにはがなけりア成らぬが
敵討札所の霊験 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
「そう、恐縮されては、自分も困る。まず一献
松のや露八 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
自分も帰る」
松のや露八 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
松火の見えている沙丘の前面から、鋭い胡笛の音が響いて来た。歩哨の兵が吹いたのでもあろう。と、そこからの声が起こった。
沙漠の美姫 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
もみじので、さしむかいに食べられた時を思いますと、もう、ここが
式部小路 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)