“おの”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:オノ
語句割合
49.3%
25.0%
12.3%
5.7%
自己2.0%
小野1.8%
0.6%
0.4%
0.4%
御乗0.4%
0.2%
大沼0.2%
御呑0.2%
御展0.2%
御載0.2%
御退0.2%
御飲0.2%
0.2%
0.2%
0.2%
0.2%
自分0.2%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
人はれの力で食わなければならない。姉さんなんぞはほんとにえらいもんだ。と僕のうちでは陰でほめているのサ。ネー斎藤さん。
藪の鶯 (新字新仮名) / 三宅花圃(著)
「先週わがアリョーナ・イヴァーノヴナをでやっつけたのは、本当に何か未来のナポレオンとでもいったような者じゃないかな?」
高い土塀と深い植込とに電車の響もずと遠い嵐のようにげられてしまうこのの茶室に、自分は折曲げて坐る足の痛さをもわず
銀座 (新字新仮名) / 永井荷風(著)
んでさせたるやれ三次に頼んでさせたれば己れが手を下して殺せしより不屆なり又最前三次と突合せの節三次を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
自己が云う事だけを饒舌り立てて、人の挨拶は耳にも懸けず急歩に通用門の方へと行く。その後姿を目送りて文三が肚の
浮雲 (新字新仮名) / 二葉亭四迷(著)
それは二枚折の時代のついた金屏風で、極彩色の六歌仙が描かれていたが、その丁度小野小町の顔の所が、無惨にも一寸り破れたのだ。
心理試験 (新字新仮名) / 江戸川乱歩(著)
には木樵唄には船唄驛路には馬子渠等はこれをめ、め、れて屈託なくするので、時計にセコンドがるやうなものであらう。
三尺角 (旧字旧仮名) / 泉鏡花(著)
「エエッ、放せ。放さぬか。貴様も悪魔の片割れか。今まで悪魔と馴れ合っていたのか。放せ。放せ。レッ」
白髪小僧 (新字新仮名) / 夢野久作杉山萠円(著)
〔凝リテ花ヲ成サザルハ霿淞ニ異ナリ/著来シテ物物オノ容ヲ異ニス/柳条ハ脆滑ニシテ蓴油ノゴトクラカナリ/松葉ハ晶瑩ニシテ蛛網ノゴトクヅ/氷柱四檐繖角ニ垂レ/真珠万点裘茸ニ結ブ/詩人何ゾ管セン休徴ノ事/奇景ノアタリニ驚ク老イニ至リテ逢フトハ〕ズルニ曾南豊ノ集中ニ霿淞ノ詩アリ。
下谷叢話 (新字新仮名) / 永井荷風(著)
皇子共にへてく、理実灼然なり。則ち草壁皇子尊づ進みて盟ひてく、天神地祇、及び天皇めたまへ、れ兄弟長幼、せて十余の異腹よりづ。
大和古寺風物誌 (新字新仮名) / 亀井勝一郎(著)
赤城の山頂には火口原湖として大沼小沼と二つの湖水があった。頃はいつの頃か定かに判らないが、山麓の村の長者の家で十六になる美しい一人娘があった。或る時しきりに赤城の登山を望んだ。
生々流転 (新字新仮名) / 岡本かの子(著)
「どうです、あちらへいらしって煙草でも御呑みになっちゃ。喫煙室はあすこの突き当りです」
行人 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
「今日は、大日向さまの、第三章の御神意を御展べいたします。御信者の方は、どなたも、御神服をおつけ下さい」
浮雲 (新字旧仮名) / 林芙美子(著)
「はあ、何か雑誌へでも御載せになるんですか」
野分 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
「ふ、ふ、古道具でござります。只今お主侯様から、もう不用じゃ、払い下げいとの御諚がござりましたゆえ、出入りの古道具屋へ売払いに参るところでござります。御退き下されませい」
細君は「早く御飲みになったらいでしょう」とる。早く飲んで早く出掛けなくては義理が悪い。思い切って飲んでしまおうとまた茶碗を唇へつけるとまたゲーが執念深く妨害をする。
吾輩は猫である (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
さっきの夢にまだ心はのき続けていたが、泣き声があまりひどいので怪しみながら寝台の上に坐った。
いのちの初夜 (新字新仮名) / 北条民雄(著)
人人のおそれのく対象物の相違が、こんなに違ったまま世の中が廻っていて、——プロペラの廻転を停めるように、私は一度、ぴたりと停った世の中というものを見てみたい。
殺さぬと云張かハテ知たことよ身に覺えのなきことは何處迄も此の段右衞門は覺えなしサとにお文は夫なら是程證據が有てもぬと云か段右衞門アヽ騷々しい女きが口で云ふ事は證據に成者かれは取逆上亂心して居るな上言未練りを
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
女房料簡ぢやあ、廓外て——それこそ新橋なぞは、近來吉原大勢つてるから——彼處等つて待合でもすれば、一番間違いとつたのだが、此議その大反對
廓そだち (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
醜い汚い筋をぶるぶると震わせながら、めるような形が、歴然と、自分が瞳に映った時、宗吉はもはや蒼白になった。
売色鴨南蛮 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)