銀座ぎんざ
この一、二年何のかのと銀座界隈を通る事が多くなった。知らず知らず自分は銀座近辺の種々なる方面の観察者になっていたのである。 唯不幸にして自分は現代の政治家と交らなかったためまだ一度もあの貸座敷然たる松本楼に登る機会がなかったが、しかし交際と …
作品に特徴的な語句
はて いたく 真向まむかい まじわ いそが ちいさ 弓形アーチ もつ おの 服装いでたち なまめ くら あが もと かむ こら ぜん 家並やな まん おのず さえ なか すま 何時なんどき すべ せつ 剰銭つりせん いと 名残なご そと よる 巴里パリー きれ 彷徨ほうこう のち かわ たのし 気兼きが かぶと 目覚めざま 真下まっした 空地くうち みど 背負せお 見透みすか かど こころみ 調しらべ やわら へん 返咲かえりざ せき 陣幕じんまく 一世いっせ 一壜ひとびん 上野うえの した 下町したまち うち まる いつ まじ 何処どこ ひが 光沢つや うち まる 円朝えんちょう 出遇であ 勝手かって 印度インド 吉原よしわら 吾人ごじん 吾楽ごらく あき 唐傘からかさ ただ おくび 土塀どべい 地蔵じぞう 堀割ほりわり 境川さかいがわ 夕凉ゆうすずみ おんな 如何いか へや うち 富貴ふうき もっと つく 工合ぐあい 工風くふう