“一壜”の読み方と例文
読み方割合
ひとびん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
葡萄酒一壜きりで、それもしげな、のところがふくれ返ったどす黒い代物で、中身はプーンと桃色のペンキのいがした。もっとも、誰一人それは飲まなかった。
はつ恋 (新字新仮名) / イワン・ツルゲーネフ(著)
「ボラギノール一壜で、君があんなに器用な真似をするとは思わなかった」
西湖の屍人 (新字新仮名) / 海野十三(著)
世界の如何なる片隅をも我家のように楽しく談笑している外国人の中に交って、自分ばかりは唯独り心淋しく傾けるキァンチの一壜に年を追うて漸く消えかかる遠い国の思出を呼び戻す事もあった。
銀座 (新字新仮名) / 永井荷風(著)