“じぶん”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
自分55.6%
時分32.2%
10.1%
自個1.0%
時代0.2%
自身0.2%
自家0.1%
時刻0.1%
時文0.1%
時間0.1%
耳聞0.1%
自己0.1%
部屋0.1%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
そらくした! を、う、るくなる、此時して自分不幸とははなかつた。
湯ヶ原より (旧字旧仮名) / 国木田独歩(著)
Kさんのその時分に、わがはしやぎし心は晩秋蔓草くから/\と空鳴りするといふやうながあつたやうにえてゐます。
冬を迎へようとして (旧字旧仮名) / 水野仙子(著)
私は女がの家をほめることも出来ないが、それかと云って他へ客をやりたくもないと云う気もちでいることを知った。そこで私は
火傷した神様 (新字新仮名) / 田中貢太郎(著)
皆ちょっとの間季和の方へ注意を向けたが、すぐ忘れてしまったように隣同士で話をはじめる者もあれば、自個陶酔の世界に帰って往く者もあった。
蕎麦餅 (新字新仮名) / 田中貢太郎(著)
芸者を連れて松囃子に出る事ぐらいにしといて下さい。もっともこれは私共の若い時代の事で、今は若い者が学校に行きますお蔭で皆、賢明になりました、そげな馬鹿はアトカタもうなりました。
近世快人伝 (新字新仮名) / 夢野久作(著)
なればつて親に話せし上否々夫も自身の口から斯々なりとは言惡し如何はせんとつ思ひせば廻すほど我身ながらにもどかしく最早花見に行可く氣もあらねば此方へ歸りるに和吉は狼狽て袖を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
文三と意気が合わねばこそ自家常居からいだと云ッている昇如き者に伴われて、物観遊山に出懸けて行く……
浮雲 (新字新仮名) / 二葉亭四迷(著)
仮令それ等は実説にもしろ、人の痛いのなら百年も我慢すると云う昇が、自家の利益を賭物にして他人の為めに周旋しようと云う、まずそれからが呑込めぬ。
浮雲 (新字新仮名) / 二葉亭四迷(著)
よ、時文評論家でないから、三日呻吟してへたことをいてれるだらう。
湯ヶ原より (旧字旧仮名) / 国木田独歩(著)
話声や笑声も聞える。村ではもう犬もかぬ時間だのに……
椋のミハイロ (新字旧仮名) / ボレスワフ・プルス(著)
頃日脱稿の三十年史は、近時およそ三十年間、我外交始末につき世間にうるところ徃々誤謬多きをい、先生が旧幕府の時代よりから耳聞目撃して筆記にするものを
ほほほほ、みんな自己から割り出すのね。どうせ局々で違うのだから、一概には言えないのでしょうよ。ねエ、お千鶴さん。伯母様もいつかそうおっしゃったでしょう。
小説 不如帰  (新字新仮名) / 徳冨蘆花(著)
船員は、じぶんの部屋でゆっくりとコーヒーをすすっていた。