いのちの初夜いのちのしょや
駅を出て二十分ほども雑木林の中を歩くともう病院の生垣が見え始めるが、それでもその間には谷のように低まった処や、小高い山のだらだら坂などがあって人家らしいものは一軒も見当たらなかった。東京からわずか二十マイルそこそこの処であるが、奥山へはいっ …
作品に特徴的な語句
おの 草鞋ぞうり 歔欷すすりな あせ はず つか 火炙あぶ くず 目眩めまい きわ つる うめ しわが むご しん 涎掛よだれか あて しま おび よみが ただ きびす 乞食こじき ほの 他人ひと 佇立ちょりつ 傲然ごうぜん すご 刹那せつな つぶや のろ 咽喉のど うな 唾液つば あえ 喫驚びっくり くさめ かたまり 塩梅あんばい 外向そむ おびただ 奄々えんえん 寂蓼せきりょう 小腋こわき おお 帷子かたびら かす かえ 忿怒ふんぬ 恐々こわごわ 恰好かっこう みじ 戦慄せんりつ 掌手てのひら しぼ 易々やすやす 暗憺あんたん ひいらぎ こずえ 横貌よこがお ひのき くし けやき よだれ 燦然さんぜん ただ 犇々ひしひし さま 生垣いけがき 痙攣けいれん 眩暈めまい ひとみ なが 眼窩がんか みは 硝子ガラス 穿 すぼ すく すが 繃帯ほうたい まと 脚絆きゃはん ふく わき