心理試験しんりしけん
蕗屋清一郎が、何故これから記す様な恐ろしい悪事を思立ったか、その動機については詳しいことは分らぬ。又仮令分ったとしてもこのお話には大して関係がないのだ。彼がなかば苦学見たいなことをして、ある大学に通っていた所を見ると、学資の必要に迫られたの …
作品に特徴的な語句
わずらわ さい たと つつみ 一寸いっすん ならび のど 拾得しゅうとく あらわ ただ ただ いっ あわ 使つかい すで ろう わざ きま 此上このうえ ふや すま 穿うが かんがえ いちじる ばか もた 一寸ちょっと 一筋ひとすじ 中々なかなか なが 亢奮こうふん また 仮令たとい てい 何故なぜ しか いつわ 勿体もったい 勿論もちろん すなわ かえ 却々なかなか 呵責かしゃく ちり ほか 多寡たか 奏効そうこう 如何いか 官吏かんり むし 小町こまち 小野おの もっと 屏風びょうぶ 屡々しばしば 差支さしつかえ とこ ついで わきま いたず 御目おめ 復誦ふくしょう 愈々いよいよ えぐ かかわ こしら 斯様かよう 旁々かたがた くら いとま 欠伸あくび ごう 流石さすが 漆喰しっくい 無辜むこ 煩瑣はんさ 犠牲ぎせい 狼狽ろうばい はなは おい 疎漏そろう しゃく 知悉ちしつ 破綻はたん やしろ まれ 笠森かさもり 管々くだくだ 紙幣さつ まと