“疎漏”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
そろう92.3%
ぞんざい7.7%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
だが、人間の生命にかかわることだから疎漏のないようにやりたまえよ。何事も辛抱肝腎だ。根気よく目的にむかって進みたまえ
ジェンナー伝 (新字新仮名) / 小酒井不木(著)
私の疎漏なところを補い、誤謬のあるところを正して下さったならば、批評学が学問として未来に成立せんとは限らんだろうと思います。
文芸の哲学的基礎 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
彼手柄顔に「旦那が疎漏にお繋ぎ成さった者だから、放れて飛び出しましたのを私が追い掛けてヤッと此の通り捕えて来ました」
幽霊塔 (新字新仮名) / 黒岩涙香(著)