ジェンナー伝ジェンナーでん
いまからおよそ百五十年前のことです。英国南部のバスという市で、ある夜盛大な晩餐会が開かれました。 集まったものは、政治家、実業家、医師、軍人など数十人、いわゆるその市およびその付近で、名をあげている人ばかりでありました。当時まだ電燈は発明さ …
作品に特徴的な語句
しも 同胞どうほう 先刻せんこく 審判しんぱん 感染かんせん 故郷こきょう 職業しょくぎょう かみ ちち かたむ 小児しょうに 小柄こがら まち 年齢ねんれい 恩恵おんけい 拍手はくしゅ せい さい 歳月さいげつ わたくし 突然とつぜん 装飾そうしょく 証明しょうめい 郷里きょうり 一人ひとり 不審ふしん 不朽ふきゅう かわ 他人ひと 代診だいしん 依然いぜん 俸給ほうきゅう 偉人いじん 偉大いだい にい 公卿くげ 到来とうらい 勿論もちろん 化膿かのう 博士はかせ たまご 友達ともだち さけ 吹聴ふいちょう 嘉永かえい こま 困難こんなん 基礎きそ 夫婦ふうふ 奥底おくそこ 子供こども 存分ぞんぶん 容赦ようしゃ 寸暇すんか 尋常じんじょう 弟子でし 当座とうざ 従事じゅうじ 心臓しんぞう 性質たち 患者かんじゃ 悲壮ひそう 愕然がくぜん ひろ 採用さいよう 採集さいしゅう 提供ていきょう 搾乳さくにゅう むかし 景色けしき 有様ありさま 機知きち 殺到さっとう かあ なお なみだ 激励げきれい ほのお 無論むろん 燭台しょくだい とう うし 牛痘ぎゅうとう 牧畜ぼくちく 犠牲ぎせい 理屈りくつ 生涯しょうがい こう 疎漏そろう 疱瘡ほうそう