“点前”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
てまえ57.1%
たてまえ28.6%
てまへ14.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
三河守は、茶わんを置き茶せんをそそぎ、女性のような細心な点前を静かにつづけている。もとよりいかめしい武装のままである。
新書太閤記:04 第四分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
あとは数茶になったんですけど、二人だけで、きりもなく点前を所望しあって纒綿たる情景を見せるもんですから、さすがの一白庵もまいってしまって
姦(かしまし) (新字新仮名) / 久生十蘭(著)
「折角お招きは致したが、殿は俗腹のお点前はもう厭になつたとせらるゝによつて、お気の毒ではござるが、こゝからお帰り下さるやうに。」