“筆者”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
わたくし60.0%
わたし20.0%
ひっしゃ10.0%
ひつしや10.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
その内容については、司令官と中佐と、外に数名の当事者以外には、誰も知らないことで、筆者も、それ以上、書くことを許されないのである。
空襲葬送曲 (新字新仮名) / 海野十三(著)
筆者が知っている女では、これも、先代か先々代かの、尾張の殿様をまるめた愛妾、お家騒動まで起しかけた、柳橋の芸者尾張屋新吉と似ている。
モルガンお雪 (新字新仮名) / 長谷川時雨(著)
におこる驚天動地争闘御岳山上におけるこの大眼目くために、あえて、ここに緩慢数行をついやす筆者作心支度をゆるしたまえ。
神州天馬侠 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
で、随筆いたは、初手から筆者用意い。これはにも一寸つた。——奥州会津諏訪越中大力あり。
怪力 (新字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)