楢ノ木大学士の野宿ならのきだいがくしののじゅく
楢ノ木大学士は宝石学の専門だ。 ある晩大学士の小さな家へ、 「貝の火兄弟商会」の、 赤鼻の支配人がやって来た。 「先生、ごく上等の蛋白石の注文があるのですがどうでせう、お探しをねがへませんでせうか。もっともごくごく上等のやつをほしいのです。 …
作品に特徴的な語句
喧嘩けんくゎ 外套ぐゎいたう こは 微笑わら 恢復くゎいふく には おい 半巾はんけち うづ 岩漿がんしゃう けは こは 桔梗ききゃう あを へら 雀躍こをどり 一言いちごん 傲慢がうまん 兄弟けいてい うさぎ いきほひ かへ つぶ 夕陽ゆふひ 大股おほまた 尚更なほさら 工合ぐあひ おほ はじ おど おこ 所謂いはゆる こす あら 末子まっし 此度こんど なぎさ みぞ のぼ ため おほかみ ひぢ 背嚢はいなう けだ 衣嚢ポケット いなづま のぼ 一寸ちょっと 一言ひとこと あだ 体骼たいかく すご ところ わか いや たた ただ 只今ただいま 吾人ごじん のろ 咽喉のど 四子しし うち 寝台ねだい 岩頸がんけい みさき がけ 巌頭がんとう 後退あとずさ おどろ ひろ ほこり 支那しな 時俄には なら ほだ つち
題名が同じ作品
楢ノ木大学士の野宿 (新字新仮名)宮沢賢治 (著)