“体骼”の読み方と例文
読み方割合
たいかく100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
体骼に応じたにぶら下げてるのが、遠近と音の高低が、静かなメロディーをなして、うららかな空に響きわたる。
スウィス日記 (新字新仮名) / 辻村伊助(著)
僕がやっと体骼と人格を完成してほっと息をついてるとお前がすぐ僕の足もとでどんな声をしたと思ふね。こんな工合さ。もし、ホンブレンさま、こゝの所で私もちっとばかり延びたいと思ひまする。
楢ノ木大学士の野宿 (新字旧仮名) / 宮沢賢治(著)
僕がやっと体骼と人格を完成してほっと息をついてるとお前がすぐ僕の足もとでどんな声をしたと思うね。こんな工合さ。もし、ホンブレンさま、ここの所で私もちっとばかり延びたいと思いまする。
楢ノ木大学士の野宿 (新字新仮名) / 宮沢賢治(著)