楢ノ木大学士の野宿ならのきだいがくしののじゅく
楢ノ木大学士は宝石学の専門だ。 ある晩大学士の小さな家へ、 「貝の火兄弟商会」の、 赤鼻の支配人がやって来た。 「先生、ごく上等の蛋白石の注文があるのですがどうでしょう、お探しをねがえませんでしょうか。もっともごくごく上等のやつをほしいので …
作品に特徴的な語句
微笑わら おい まぬ なな むな へら 半巾はんけち のぼ みぞ 一言いちごん はじ のぼ ため うか 舞踏ぶとう ごろ けむり こわ にわ けだ つゆ 兄弟けいてい おど うさぎ かんむり かみなり なぎさ おこ 此度こんど 双子ふたご やわ 衣嚢ポケット 末子まっし あら すか つぶ おさ 敷布しきふ 見込みこみ 見附みつ 足踏あしぶ こす 突然とつぜん ねむ どう 背嚢はいのう ひじ かた 紳士しんし むらさき 素敵すてき 粘土ねんど メートル はず ささ つか ほり 無暗むやみ 無精ぶしょう 煙草たばこ 熔岩ようがん 爆発ばくはつ 爬虫はちゅう 状袋じょうぶくろ おおかみ 瓦斯ガス 畜生ちくしょう へび ほど あお くだ 砂利じゃり ひとみ 瞬間しゅんかん またた なが 白熊しろくま しわ 相違そうい
題名が同じ作品
楢ノ木大学士の野宿 (新字旧仮名)宮沢賢治 (著)