“梁山泊”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
りょうざんぱく76.9%
ここ7.7%
りょうざぱく7.7%
リョウザンパク7.7%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
済州梁山泊のほとり石碣村に住んで、日ごろは、江の浦々で漁師しているが、水の上の密貿易も、彼ら仲間では、常習とされている。
新・水滸伝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
いま、梁山泊は、官軍包囲の中にある。
新・水滸伝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
窮鳥梁山泊に入って、果然、ついに泊軍の動きとなる事
新・水滸伝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
抑〻天命ヲシマトス者ニズシテ ゾヤ チ 天ニ代ッテ吾等ノ道ヲ行ワントスル所以ナリ シソレ 盧俊儀ト石秀ノ二人ヲナク断刑サバ 梁山泊数万ノ天兵ハ タチドコロニ北京ヲ焼キ払ワン ツ悪吏ノ一人タリトモ 鬼籍黒簿ヨリキ ソノ命ヲ助ケオクコト無カラン
新・水滸伝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)