“阿誰”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
あすい100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“阿誰”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 日本文学0.4%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
れ遠謀禍殃かおうを招くをいかん 牆辺しようへん耳あり隄防を欠く 塚中血は化す千年みどりなり 九外屍は留む三日香ばし 此老しろうの忠心皦日きようじつの如し 阿誰あすい貞節りんとして秋霜 た知る泉下遺憾無きを ひつぎかつぐの孤児戦場におもむ
八犬伝談余 (新字新仮名) / 内田魯庵(著)