“櫬”の読み方と例文
読み方割合
ひつぎ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
日を期して二人はを持って出かけていった。嬰寧はいばらの生い茂った荒れはてた中を指さした。掘ってみると果して老婆のがあった。皮膚も肉体もそのままであった。
嬰寧 (新字新仮名) / 蒲 松齢(著)
れ遠謀禍殃を招くをん 牆辺耳あり隄防を欠く 塚中血は化す千年なり 九外屍は留む三日香ばし 此老の忠心皦日の如し 阿誰貞節として秋霜 た知る泉下遺憾無きを 
八犬伝談余 (新字新仮名) / 内田魯庵(著)