“奈翁”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
ナポレオン87.5%
なぽれおん12.5%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
博士 これは、仏国の大帝奈翁が、西暦千八百八年、西班牙遠征の途に上りました時、かねて世界有数の読書家。
海神別荘 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
救われずして地獄の九圏の中に阿鼻叫喚しているはずの、たとえば歴山大王や奈翁一世のごとき人間がかえって人生究竟の地を示したか。これは未決問題である。
霊的本能主義 (新字新仮名) / 和辻哲郎(著)
諒闇の黒布を瞬く間に全天にうたり、摩天白銅塔を見る間に築き上げては奈翁の雄図よりも早く微塵に打崩したり、日々眼を新にする雲の幻術天象の変化を、出て見るも好い。
みみずのたはこと (新字新仮名) / 徳冨健次郎徳冨蘆花(著)