“ほと”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:ホト
語句割合
74.4%
7.6%
4.4%
4.4%
2.2%
1.9%
1.3%
0.9%
0.9%
陰上0.3%
0.3%
保戸0.3%
0.3%
富登0.3%
歓待0.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
そういう墓石のあったことさえ、いままで私はんど気づかなかった。気づくことはあっても、それを気にしないで見すごしていた。
花を持てる女 (新字新仮名) / 堀辰雄(著)
余此蝶を見ざりしゆゑ、近隣老婦きころ渋海川のりよりせし人ありしゆゑひしに、その老婦りしまゝをこゝにせり。
ち剣をげて、衆に先だちて敵に入り、左右奮撃す。剣鋒折れ欠けて、つにえざるに至る。瞿能う。んど能の為に及ばる。
運命 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
石水と云えば、彼には、茫洋とした石狩川の流れが見えて来る。そのりにあるぎった処女地も浮んで来る。
石狩川 (新字新仮名) / 本庄陸男(著)
どんと一発……あ!という声、レイモンドはよろよろと倒れ掛ったが、血のばしる喉を押えつつ、ルパンの方に身体を廻して、ルパンの足元に倒れた。
大物主神顔を隠して夜のみ倭迹々姫命に通い、命その本形を示せと請うと小蛇となり、姫驚き叫びしを不快で人形にり、愛想かしを述べて御諸山に登り去り、姫悔いていて
みがきてかげも心地よげなるを籠居てのみ居給ふは御躰にもなるをとお八重さま/″\にひてりちかき景色田面たるも
五月雨 (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
池の茶屋というのは、この冷い水のりに建てられたるただ一軒のら家である。入口の腰障子を開けて入ると、すぐ大きな囲炉裡がある。囲炉裡の中には電信柱ほどもある太い薪木がっている。
白峰の麓 (新字新仮名) / 大下藤次郎(著)
野村は我乍ら滑稽い程狼狽へたと思ふと、と血が上つて顔がり出して、沢山の人が自分の後に立つて笑つてる様な気がするので、自暴に乱暴な字を、五六行息つかずに書いた。
病院の窓 (新字旧仮名) / 石川啄木(著)
天照らす大御神の忌服屋にましまして神御衣織らしめたまふ時に、その服屋を穿ちて、天の斑馬逆剥ぎに剥ぎて墮し入るる時に、天の衣織女見驚きて陰上を衝きて死にき。
ここに日の耀のごと、その陰上に指したるを、またある賤の男、その状をしと思ひて、恆にその女人の行を伺ひき。かれこの女人、その晝寢したりし時より、姙みて、赤玉を生みぬ
八重「半治はん誠にほいよう、ほれじゃアまねえよ、此家ているに、ほがほんなをひてや親分まねえよ、小兼はんにになってれってえ、ほれじゃア可愛ほうだアへえ」
森のかなた、君住むの頭りにや
まよわし (新字旧仮名) / 漢那浪笛(著)
平馬は吾にもあらず歓待めいた。
斬られたさに (新字新仮名) / 夢野久作(著)