奇巌城きがんじょうアルセーヌ・ルパン
レイモンドはふと聞き耳をたてた。再び聞ゆる怪しい物音は、寝静った真夜中の深い闇の静けさを破ってどこからともなく聞えてきた。しかしその物音は近いのか遠いのか分らないほどかすかであって、この広い屋敷の壁の中から響くのか、または真暗な庭の木立の奥 …
作品に特徴的な語句
令嬢ド・モアゼル どま うつろ 抵抗さからい ゆい おこない おわ エイギュイユ 表書ひょうし あなど たわ おろ 夕照ゆうばえ しょ はじ そま 脅迫おどかし くわ かわ さが あら おどか むこ あら 土窖つちあな 疲労くたびれ ほと 悪漢あくかん いつわり 上向うわむき つつみ 小門しょうもん 暗黒まっくら とど 背丈せいたけ せい あつま 命令いいつ 闇黒くらがり かわ あが うしろ あた 手燭てあかり ひっ ふり とら 明日みょうにち 夜更よふか 陥穽わな 何人なんびと 蹌踉よろ びと おこ 諸君みなさん 翌朝よくちょう 見合みあわ 蒼海あおうみ くるし おち 茅屋かやや やみ 手入ていれ 手懸てがかり たぶらか ひろ おさ ゆびさ さしはさ ふる ひら かか 揉手もみて たす あか うか 一言いちごん おだやか しら しま つなが あやま てら わたし かんがえ あび あいだ 空虚から かわ はた うお だま