“べり”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
82.1%
7.1%
3.6%
3.6%
3.6%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
藤枝の声を聞いて集まって来た人びとは、藤枝といっしょになって利根川べりの方へ追って往ったが、女の影はもう見えなかった。
女賊記 (新字新仮名) / 田中貢太郎(著)
江戸川べりに住む小身者のわかい侍は、本郷の親類のもとまで往って、其処で酒を振舞われたので、好い気もちになって帰って来た。
花の咲く比 (新字新仮名) / 田中貢太郎(著)
それから土手伝いで参ると、左りへ下りるダラ/\下り口があって、此処こゝに用水があり、其の用水べりにボサッカと云うものがあります。
真景累ヶ淵 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
これは橋銭はしぜにを取ります、これを渡るとあとはもう楽な道で、吾妻川べりに付いて村上山むらかみやまを横に見て、市城村青山村あおやまむらに出まして
霧陰伊香保湯煙 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
「新嘉坡の一夜」の主人公上月は、長い間の航海に、青空と青海に圍まれて塵埃を浴びず、帆綱に鳴る潮風と船べりを打つ波の音を聽く丈で、濁つた雜音には遠ざかつてゐた。
その頃江戸川べりに住んでいた私は偶然川畔かわべり散策ぶらついていると、流れをりて来る川舟に犢鼻褌ふんどし一つで元気にさおをさしてるのが眉山で、吉原よしわら通いの山谷堀さんやぼりでもくだ了簡りょうけんで、胡座あぐらをかきつつい気持になってるのが中村花痩なかむらかそうであった。
台下にはちらりほらり、貧しそうな農家は有るが、新利根川べりには一軒も無く、唯蘆荻あし楊柳かわやなぎが繁るのみで、それもだ枯れもやらず、いやに鬱陶うっとうしく陰気なので有った。
死剣と生縄 (新字新仮名) / 江見水蔭(著)