“べり”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
82.8%
6.9%
3.4%
3.4%
3.4%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
の下駄も、遺書も、俺のさせた狂言で、うまく国許をずらかってから、彼女は、江戸で女師匠、俺は、持ったが博奕、酒。
無宿人国記 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
吾妻川に付いて村上山を横に見て、市城村青山村に出まして、伊勢町よりというに掛った時はもう二時少々廻った頃、木村屋と申す中食場所がございます。
霧陰伊香保湯煙 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
「新嘉坡の一夜」の主人公上月は、長い間の航海に、青空と青海に圍まれて塵埃を浴びず、帆綱に鳴る潮風と船を打つ波の音を聽く丈で、濁つた雜音には遠ざかつてゐた。
その頃江戸川に住んでいた私は偶然川畔散策いていると、流れをりて来る川舟に犢鼻褌一つで元気にをさしてるのが眉山で、吉原通いの山谷堀でも了簡
台下にはちらりほらり、貧しそうな農家は有るが、新利根川には一軒も無く、唯蘆荻楊柳が繁るのみで、それもだ枯れもやらず、いやに鬱陶しく陰気なので有った。
死剣と生縄 (新字新仮名) / 江見水蔭(著)